自動翻訳機のある世界

翻訳機がどんどん発達していっている現在とこれから

空飛ぶ車、ワープステーションが保育、居宅訪問型保育を変える。

2014年10月7日 | Comment

いつになったら、車は空を飛ぶのでしょうか。
いつになったら、近場にワープステーションはできるのでしょうか。
距離と時間がもっと自由になったら人はもっと楽になるのですが。
最近保育の嫌なニュースが多いですが、例えばワープなどあれば、
待機児童に対して預け型保育、居宅訪問型保育など
考えるまでもなくどこにいても全国で保育をお願いできますよね。
より、保育の選択肢も増え、質も向上するはずです。
現状無理とはいえ、嫌なニュースが続くと妄想したくもなります。
どれだけ科学が発展すれば人類は自由になるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です